感動再び。

今日はメンバーで10年前にタイムスリップ!

2012年2月4日。今も消えない鮮明な記憶がある。

凍てつく寒さの中、伊達組さんの全面協力で撮影した「またいつか夏に」

様々な思いが蘇る

撮影もそうだが、試写会まで待てなくて

みんな自腹で沖縄国際映画祭に行って

レッドカーペット歩いて

ちーさな映画館でみて

想像以上に感動したことを思い出した


近日オープンするヒロサワシティの映画館で試写会。

マジで立派なミニシアターです

48席ではありますが、なんかちょうどいい

椅子がね…まだ秘密にしておきますが、普通じゃないです😀


それにしても短編映画ながら10年経っても

同じ場所でウルっとしてしまう。

かなり贔屓目な見方になっているとは思うが

それにしても 内容しかり 字幕テロップしかり

知ってる人、場所ばかりでそれだけで嬉しい。

やっぱ地元の映画っていいなー

なんか短編撮って作ってみたくなってしまった試写会であった




閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アルティメットというスポーツをはじめて知った。 フリスビーといえば犬。という稚拙な考えの私は こんな競技があったのか…と、ましてや、 それがオリンピック競技の候補なんだと改めて知ったのだ。 フィールド競技では唯一の男女混合の競技というのも、また魅力だ 投げる・掴む・跳ぶ。という激しさが究極のスポーツと 言われる所以なのだろう その競技が筑西市で行われる。 コロナ禍の中、何もかもが自粛ムードで活気を

高梨沙羅ちゃんの姿に、小さな背中に涙した日本人は少なくないだろう。 いいんだよ、そんなにみんなの人生背負わなくても…って言いたい。 真っ黒な画面とコメントに尋常じゃないプレッシャーを背負っていたことを物語る。 団体戦は喜びも倍になるが 逃した時の責任の重さは半端ないと 勝手人間な私にでも推測できる 4年に一度のオリンピックに 大きな意味を持たせると悲劇が生んでしまう メダルを取った選手たちは毎日メ

学校や幼稚園、子供達に感染が広がっているため あっちこっちで学級閉鎖や休校に追い込まれている。 子供達はたくさんの我慢をしてきたのに… また思い出がたくさん削られていく 学級閉鎖になっていない子達も 兄弟の感染や家族の感染、また感染の恐れからお休みする子も たくさんいるそうだ。それは仕方のないことだ でも見るに耐えないくらい給食の余りが出るそうだ 日頃「残しちゃいけない」 「作ってくれた農家さんへ