ちくっこ。

今日は、筑西市の明るい未来をご紹介しよう!

元々は行政主体で募集された大学生の団体であったが、そのまちづくり会議から発足した市民団体、それが「ちくっこ」だ。

行政に集られた大学生が 卒業してもなお街のために尽力するために

市民団体として発足したのだ

いくら街づくりを何年やっても 若者の着眼点にはかなわないと思っている。

「今」を捉えることのできる目線が 私たちにも刺激をくれる


様々な大学から集まって 一つの目標をたて 進む。

なんかこう言う感じ 見ているだけで微笑ましい。

何か手伝ってあげたいと思うが 正直 彼らには自分たちの視点で

突き進んで欲しいと思う。これからの時代を作っていく世代にできることは

活動しやすいように 陰ながらサポートするだけだ

自分たちもそうだった

いつも先を歩く先輩たちに支えられきた

時にはめっちゃ叱られたりもするが^^: それでもいつでも見守ってくれた

支援はするが口は出さない。これが先を歩くものの鉄則かもしれない


彼らの他にも様々な活動をしている大学生チームがある。

彼らが笑って活動しているこの街は 大丈夫だ

頑張れ、若者よ!

時に投げ出したくなる時もあるだろう

疲れたら そんな時は悩まず 迷わず

ちょっと休んで羽を伸ばせばいい

癒えたらまた飛べばいい


ちくっこメンバーが自分たちで作り上げた情報誌「ちくっこ」見かけたらお手に取ってください。そしてそんな若者を どうか応援してあげてください


ちくせい若者まちづくり会議




閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アルティメットというスポーツをはじめて知った。 フリスビーといえば犬。という稚拙な考えの私は こんな競技があったのか…と、ましてや、 それがオリンピック競技の候補なんだと改めて知ったのだ。 フィールド競技では唯一の男女混合の競技というのも、また魅力だ 投げる・掴む・跳ぶ。という激しさが究極のスポーツと 言われる所以なのだろう その競技が筑西市で行われる。 コロナ禍の中、何もかもが自粛ムードで活気を

高梨沙羅ちゃんの姿に、小さな背中に涙した日本人は少なくないだろう。 いいんだよ、そんなにみんなの人生背負わなくても…って言いたい。 真っ黒な画面とコメントに尋常じゃないプレッシャーを背負っていたことを物語る。 団体戦は喜びも倍になるが 逃した時の責任の重さは半端ないと 勝手人間な私にでも推測できる 4年に一度のオリンピックに 大きな意味を持たせると悲劇が生んでしまう メダルを取った選手たちは毎日メ