ただいま活動制限中

コロナ感染が始まってから なかなか活動がままならない。予定していたダイヤモンドつくばのおもてなし事業も4回連続の中止だ😂

致し方ないが、どうにかこの状況を打破する解決策はないものか…と考えるが、やはり今はじっとして通り過ぎるコロナの波をみているしかないのか…


芸能界でも感染が拡大しはじめ

撮影現場に立ち会う自分たちにも 不穏な空気も 確かにある

しかし もうここまでの状況では 十分に気をつけていても

感染対策していても 感染は起きてしまう かもしれない

誰も責められない


子供達はあらゆる制限をかけられて 守っていても 学校で感染拡大している


成人式がなくなってしまった2020年

学校生活3年間が全てマスク生活で終わってしまう中学生、高校生

学校に通わないうちに卒業してしまう大学生もいるだろう

なんて世の中だ!


この時期が過ぎたら爆発的に楽しいことがいっぱいある

いっぱい作る

そう決めている


それを今から 毎日夢見て考えるのが日課なのだ

「筑西」には まだまだ夢がある

観光もない 目玉がない 有名グルメがない 何にもない

そう思っていた自分が 今こうして

街を想う仲間と活動している もう10年だ


10年経った想いを 経験を コロナ明けに爆発させるのだ

温存期間だ そうだ、今は充電期間だ


そう言い聞かせ 今日も いつか来るその日に向けて笑うのだ






閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アルティメットというスポーツをはじめて知った。 フリスビーといえば犬。という稚拙な考えの私は こんな競技があったのか…と、ましてや、 それがオリンピック競技の候補なんだと改めて知ったのだ。 フィールド競技では唯一の男女混合の競技というのも、また魅力だ 投げる・掴む・跳ぶ。という激しさが究極のスポーツと 言われる所以なのだろう その競技が筑西市で行われる。 コロナ禍の中、何もかもが自粛ムードで活気を

高梨沙羅ちゃんの姿に、小さな背中に涙した日本人は少なくないだろう。 いいんだよ、そんなにみんなの人生背負わなくても…って言いたい。 真っ黒な画面とコメントに尋常じゃないプレッシャーを背負っていたことを物語る。 団体戦は喜びも倍になるが 逃した時の責任の重さは半端ないと 勝手人間な私にでも推測できる 4年に一度のオリンピックに 大きな意味を持たせると悲劇が生んでしまう メダルを取った選手たちは毎日メ